株式会社NTTデータビリングサービス

お問い合わせ

エネルギー管理支援

エネルギー管理支援

改正省エネ法の施行により、エネルギー使用量の報告義務が課されています。
各自治体からも報告義務が課されている状況で、エネルギー使用量の基礎情報入力は必須作業です。そこで当社は、お客様のエネルギー使用量の基礎入力作業を支援し、『エネルギーの見える化』のお手伝いをさせていただきます。

エネルギー管理支援の特長

お客様の各事業所・店舗等で使用する電気・ガス・水道などの使用量が記載された証跡(領収書・検針票等)を当社に送付いただき、当社にて各事業所・店舗毎に入力いたします。



01エネルギー使用量の基礎情報入力

エネルギー使用量の基礎情報入力01

また当社で、エネルギー使用量情報の証跡(領収書・検針票)の電子化とエネルギー使用量の電子データ化を行い、お客様へご報告いたします。
各事業所・店舗等へ毎月の料金や使用量をメールにて通知することもできます。
※メール配信サービスオプション利用時

エネルギー使用量の基礎情報入力02

02エネルギー使用実績情報の作成

各事業所・店舗毎に入力した使用量(料)情報を一覧表にまとめ、
エネルギー使用量の『見える化』を実現します。

エネルギー使用実績情報の作成

03エネルギー使用実績情報の活用

各事業所・店舗毎の使用量(料)情報から、 定期報告書作成のための使用量情報やエネルギー・経費削減計画の基礎情報として活用いただけます。

エネルギー使用実績情報の活用

04「公振くん」サービスとの併用による支払事務の効率化

「公振くん」サービスを併せてご利用いただくことで、支払いに関する伝票データを自動生成し、財務会計システムにデータ連携するスキームが、より広範囲でご利用することが可能です。

エネルギー管理支援 導入効果

エネルギー管理支援サービスをご利用による導入効果及び、「公振くん」を併用した一例をご紹介させて頂きます。



エネルギー管理支援サービス導入効果例

  • 導入前

    検針票や納付書、請求書がばらばらに毎日届き、受付処理に多くの時間がかかる。

    検針票・納付書から使用量の入力や複写に多くの工数がかかる。

    事業所からの料金や使用量の問合せがあった際に、検針票・納付書、請求書の束から該当の書類を探し回答するのに多くの時間がかかる。

    各事業所へ料金や使用量の一覧表の通知が手間となっている。

    使用量の変化や前年同月対比ができない。

    定期報告書・中期報告書の作成時期に省エネ対策の策定とデータの取りまとめ業務が重なり負荷が大きくなっている。

  • 導入後

    検針票や納付書、請求書の送付先を弊社に変更し、作業完了後にまとめて送付いたしますので、紛失や遅延がなくなり受付処理のスリム化が見込めます。

    Excelの一覧化と納付書・検針票・請求書の画像化によって、入力や複写作業を代行します。

    Excelの一覧化や電子画像化により、ワンクリックでの検索が可能となり、回答も短時間で対応できるようになります。

    各事業所のメールアドレスに毎月の料金や使用量の通知することにより、各事業所でエネルギーの関心が高まります。※メール配信サービスオプション利用時

    Excel一覧のアラート機能によって、前月対比が一目でわかるようになります。使用量の変化から漏水などを発見でき、損失を最小限に食い止めます。

    エネルギー使用量の前年対比より、省エネ対策の策定が具体的に行え、中期報告書の作成がスムーズに行えます。

「公振くん」との併用効果

「公振くん」を併用することにより、エネルギーの支払情報が財務会計システムに自動連携できるため、支払事務も効率化が可能となります。また、支払料金データを蓄積することにより、料金推移が確認でき、料金と使用量の2つの側面から、エネルギー管理を行うことが可能になります。



「公振くん」との併用効果01

ポイント

  • 口座振替による支払業務の効率化が期待できます。
  • 口座振替の支払情報が財務会計システムへ取り込み出来るようになり、帳票の自動出力できます。
  • 支払情報を蓄積することにより、使用料金の推移が確認できます。

「公振くん」との併用効果02

ポイント

  • エネルギー供給会社毎のフォーマットから、共通フォーマットで確認できます。
  • 共通フォーマットにより、省エネ法の定期報告書等に転用が容易になります。

CONTACTお問い合わせ

ご相談・お問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせください。

03-3549-02709:30~18:00(土日・祝日を除く)

メールでの問い合わせ

  1. ホーム
  2. 製品・ソリューション
  3. エネルギー管理支援

PAGETOP