NTT DATA Global IT Innovator

株式会社NTTデータビリングサービス

公振くんとは

公共料金納付の課題

  • 1作業が大量!

    ・使用部門の特定や支払額の集計
    ・資金の準備(小切手などの作成)
    ・銀行への持ち込み
    ・納付後の半券の保管
    (紙資源の無駄遣い)など

  • 2資金管理の分散

    支店や営業所など、出先機関毎に資金を分散しなければなりません。
    営業所や支店など事務所の数だけ事務作業が発生!

  • 3伝票入力が大変!

    財務会計システムにデータ入力をしなければなりません。
    納品書はほぼ毎日発生するため手作業は大変…

口座振替にしても…

自動的に口座から引落しが発生するため、事前承認・資金準備が間に合わない。

通帳記帳が大変!

通帳を見ただけでは使用部門の特定ができず、財務会計システムへの入力ができない。

「公振くん」がこれらの課題を解決

「公振くん」とは、公共料金の支払いを口座振替にし、
その引落データを事前に入手できるサービスです。
様々な事務作業の効率化が可能となります。

公振くんは、毎月発生する公共料金支払事務の手間を軽減するためのサービスです。口座振替の仕組みを利用し、
電気・ガス・水道・NHK・電話・携帯等の支払データ(金額、請求企業名、引落日等)を引落日前に提供します。
また、財務会計システムとの連動により、伝票データを作成し、事務作業の効率化が実現できます。

  • 納付作業の効率化

    口座振替による省力化で、「銀行への持込み作業」
    「納付書の取り纏め作業」が省力できます。

  • 資金運用の効率化

    引落日の前に引落金額が1円単位で把握できるので、
    営業所/支店など事業所毎に分散している資金を一本化し、
    有効な資金管理ができます。

  • 事前承認が可能

    口座振替にしても、公振くんを利用して電子データを
    事前に受け取ることができるので、従来の業務フローは
    維持することができます。

  • 支払入力作業の軽減

    財務会計システムとの連動により、伝票入力が
    不要になります。

  • 延滞金の支払防止

    口座振替により、支払漏れが無くなり、
    延滞金の支払防止ができます。

  • 紙の削減

    納付書・請求書がなくなるため、環境に配慮した運用が
    できます。

サービスの流れ

「公振くん」サービスの流れ

サービス提供銀行

みずほ銀行/三井住友銀行/りそな銀行/埼玉りそな銀行/地銀ネットワークサービス(CNS)
※ 地方銀行は、順次参加中です! 詳しくは当社「公振くん運用サポート窓口」までお問い合わせください。

お客様の導入状況

公振くんは地方公共団体や民間企業でご利用いただいております。

 

お客様の導入状況

導入による効果

導入による効果

  • 公振くんの詳細な導入事例については
    こちらよりご確認いただけます。

  • 導入事例を見る

  • 動画で知る「公振くん」

    サービス概要について
    「公振くん」のサービス概要について
    動画で分かりやすく解説します。
    (約8分、音声有り)

ご注意

「公振くん」は都市銀行・地方銀行がご提供するサービスです。NTTデータビリングサービスは「公振くん」の開発・運用を担当しています。

お問い合わせ

公振くんに関するご相談・お問い合わせはこちら。お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

03-3549-0270
9:30~18:00(土日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

メールでの問い合わせ

  1. ホーム
  2. 公振くん
  3. 公振くんとは

PAGETOP